自分に合った投資とビジネスを見つけよう。

ニュース/マインド

昔の日本であれば左の世界で一生懸命頑張れば報われましたが今は違います。
日本のサラリーマンの所得は減る中、増税が厳しくなっています。右の世界は減税の風潮です。
さらに、大企業においては若者の裁量は非常に少なく上も順番待ちをしています。
この中で若者は資格やMBAなど厳しい競争にさらされることになります。
我々は学校教育を通じて左のことしか学んでいないのでそれしかやれないのです。
でも、本当は大企業の社員こそ右の世界を見て動くことで評価され、社会に価値を創造できる時代が来ていると考えています。
なざなら、研究上の所長であっても数字に踊らされている現代において、優秀な大企業の20,30代が安定を武器に
好きなことでビジネスを始めるような社会になったらこれほど強いことはないからです。
安定を武器に優秀な人材がチャレンジして新しい価値を社会に生み出す。考えるだけでワクワクしませんか。
左の世界と右の世界で学ぶことは大きく違います。
そのため、勉強するのはきついですがあるレベルを超えるとどちらも役にたちます。
最初はきついですが右の勉強も並行して頑張ってほしいです。
右の勉強は、投資をすることと自分のビジネスを持つことが大切になります。
投資は、自分に合ったアセットアロケーションをすることで20代からはじめて40までのFIREをできるようにしましょう。
ビジネスは自分の好きなことで仕事を見つけ(はじめはできることでOK)、楽しく社会貢献を目ざすの良いと考えています。
自分に合った投資とビジネスを見つけるため、若いうちはいろいろ動いてみることがお勧めです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました